中野みち子|中野三絃会

logo

プロフィールトップ画像

プロフィール・About Me

中野 みち子 Michiko Nakano

青森県青森市で津軽三味線奏者の三人姉妹の次女として生まれる。父と共に3歳の時から舞台に立ち、7歳で三味線、10歳で津軽手踊りを始め、「中野ファミリー」のメンバーとして活躍。1985年のロシア公演を皮切りに、アメリカ・ドイツ・フランス・韓国 等 海外公演も積極的にこなした。1993年に活動の場を愛知県に移す。

津軽手踊りでは、1998年に石川流宗家 初代 石川義衛氏より師範免許皆伝を受け、師範名 石川義花(いしかわ よしはな)として活動・指導にあたる。

津軽民謡では、2004年より福士豊秋氏・二代目 成田雲竹女氏に師事し、津軽三味線でも2006年より福士豊秋氏に師事し、芸の幅を広げる。

2008~2009年は福岡県を中心に活動。
2010年は愛知県を中心に活動。
2011年~青森県を中心に活動中。

プロフィール
プロフィール

経歴

1982 日本ピアノコンクール 初級二の部 最優秀賞
1984 東北六県子供民謡名人戦 準優勝
1985 旧ソ連公演
1987 太鼓グループ「鬼太鼓座」と共に米国公演
1989 北朝鮮公演
1990 津軽五大民謡全国大会 青年の部 準優勝
1993 ドイツ公演
1995 津軽三味線全国大会 団体の部 優勝
津軽三味線全日本金木大会 団体の部 優勝
1996 伊勢神宮鎮座二千年記念奉納演奏
1998 フランス公演
全日本津軽三味線東京大会 団体の部 優勝
2000 韓国公演
2006 第21回青森県民謡民舞コンクール全国大会 民舞一般の部(個人) 初出場 優勝
2007 第1回津軽三味線日本一決定戦 団体の部 優勝 「福豊会」
2008 青森県民謡グランプリ 民謡王座決定戦 初出場 準王座
桜花グランプリ争奪2008・第23回津軽五大民謡全国大会
桜花グランプリ 優勝   津軽よされ節部門 優勝
2009 第24回青森県民謡民舞コンクール全国大会 民謡一般の部 民謡大賞 優勝
2011 第57代青森県民謡王座
2016~ 亡父・中野孝憲より中野音楽教室を引継ぎ、中野三絃会会主となる
2020 初となる福岡での中野三絃会発表会を主催

About Me

This multi-talented prodigy was destined to play Tsugaru music, the traditional music of Aomori. Born as a daughter of Takanori Nakano, who, in a radical career path change, shifted his musical skills from that of a professional cellist in the Osaka Philharmonic Orchestra to a Tsugaru shamisen player. She was trained in singing, dancing and playing Tsugaru shamisen, as well as playing the classical piano, all of which she excelled in from the very start. Despite the headwind she faced for the fact that she was born into a non-traditional shamisen family, she won various awards for her talent from singing to playing the piano and shamisen, including the championships in Godai Minyo and Aomori-ken Minyo Oza Ketteisen (Aomori prefecture minyo grand prix), the highest honor for the singers of Tsugaru music. While one might argue that her talent is best illustrated by her singing, it should also be noted that her talent as a shamisen player is just as exceptional, which has also won her several awards. In addition, she has mastered Tsugaru music dancing, and is licensed to teach it by Yoshiei Ishikawa, the first master of the School of Ishikawa, a major school of dancing for the genre. Nowadays, many Tsugaru shamisen players are found mixed into other genres of music in the name of innovation. While the value of such a mixture could be argued, she stays true to a fault to her complex and intricate art just as is. Any professional musician can appreciate that less accompaniment is more difficult to present, as every sound made cannot be hidden. Her well-polished, truly authentic performance can satisfy even the most trained ears. She is a rare gem to find in this day and age. Being somewhat of a traditionalist, her online presence is next to none, but her remarkable talent is nonetheless authentic and must be recognized.

TOP